協和酒造株式会社 〜昔ながらの搾り技術で叶える、奥行きのある深い味わい〜 創業時は三谷酒造店。その後、醸造元三谷酒店として酒造りをしていましたが、戦争の影響で昭和18年12月末日企業整備法により廃止工場となりました。終戦後、昭和30年に酒造家4社が集まり合同で設立されたのが、「協和酒造株式会社」です。その際、合同銘柄として「黒松 初雪」の製造を開始。地元の方からは「初雪さん」と親しまれていました。酒銘である「初雪盃」は雪を冠って凛とそびえる霊峰富士に因んでいます。 協和酒造では「酔うための酒」ではなく、米の旨みを感じることができる「味わうための酒」を造るため、量産せず品質を重視した小仕込みの酒造りを大切にしています。昔ながらの「槽しぼり」や「袋しぼり」にこだわり、一つひとつの作業を手作業で行うため時間と手間はかかりますが、その分人の手でしか造れない奥行きのある味わい深いお酒に仕上がっています。 「大吟醸」「純米大吟醸」「吟醸」「蔵内原酒」「にごり酒」など、様々な日本酒を造っていますが、食中酒としてはもちろん、お酒だけでも楽しめるよう“旨味”や、しっかりとした“飲み応え”ある酒質を目指しています。

初雪盃【HATSUYUKIHAI】

おすすめ順  |  価格順  |  新着順
  • 前のページ
  • 8商品中 1-8商品
  • 次のページ