水口酒造株式会社 〜道後とともに百余年、伝統の技を生かし新たな領域へ〜 全国でも名高い温泉地である松山・道後。水口酒造はこの道後唯一の造り酒屋で、道後温泉本館が建築された翌年の明治28年(1895年)に創業し、清酒「仁喜多津」の銘柄で百余年にわたり、道後温泉とともに育ち、親しまれている蔵元です。道後の地は、古く万葉集では「熟田津」と謳われ、その地名と、仁愛と喜び多き津渡の意味を込めて誕生したのが「仁喜多津」です。 創業以来の伝統と技を大切に、その味わいを守り続けている水口酒造。原料は県内産の酒造好適米と熟田津の良水を用い、気温の変動を受けないジャケットタンクを全ての醪で使用。コンピュータで温度管理をし、安定した品質を維持しています。 長年培ってきた酒造りへの熱意は、日本酒以外にも広がりを見せています。平成6年には、道後地域の活性化を目的に、道後温泉旅館協同組合や地元商店街等の協力のもと「道後ビール」の醸造を開始。それと時を同じくして、道後を訪れた方に非日常を楽しんで頂き、その思い出をいつまでも心に残して頂けるよう、直営レストラン2店舗を開業しました。近年は地産地消への取り組みから、県産品を使用した発泡酒「道後フィズ」や「道後焼酎」、ノンアルコール炭酸飲料「道後サイダー」、健康関連アイテム「道後美肌シリーズ」を開発しました。主に観光客向けに販売することで、道後での思い出づくりを演出しています。

仁喜多津・道後蔵酒【NIKITATSU・DOUGOKURAZAKE】

おすすめ順  |  価格順  |  新着順
  • 前のページ
  • 11商品中 1-11商品
  • 次のページ