株式会社元見屋酒店 〜200年前に建てられた蔵で醸し続ける、伝統の酒造り〜 江戸末期の面影を残す宇和島藩の宿場町・宇和町卯之町にある元見屋酒店。前蔵は寛政年間・仕込み蔵は安政年間に建てられ、弐百年を経た今でも、当時の面影を残す中で酒造りが行われています。九寸柱(27cm角柱)で支えられた仕込み蔵は、土壁の隅々に昔からの芳ばしいお酒の香りが漂い、生き続ける蔵つき酵母の静かな鼓動が聞こえてくるようで、神秘的でもあります。 元見屋酒店の酒造りを担うのが、伊方杜氏の高橋哲夫氏。親子2代にわたる杜氏であり、伝統の味を受け継ぎ、さらなる高みを目指し、日々厳しい目でお酒が出来る過程を見守っています。蔵がある宇和町は、愛媛県南予地方の米所として名高く肥沃で、水の綺麗な土地です。元見屋酒店ではその肥沃な土壌で自社栽培した「山田錦」と、裏手の雨山から今も脈々と湧き出る天然水を使用するぜいたくに今も恵まれております。

開明【KAIMEI】

おすすめ順  |  価格順  |  新着順
  • 前のページ
  • 7商品中 1-7商品
  • 次のページ