株式会社媛囃子 〜日本で初めて栗焼酎を造った、四国唯一の焼酎専業の蔵〜 四国唯一の焼酎専業メーカーである媛囃子。土佐境の草深き山里・城川町でおよそ200年前頃より「大師」という銘の焼酎を造り、今日に至っています。 この媛囃子という蔵名の由来は、遥か1,000年前まで遡ります。寿永元年(1182年)、奸臣の讒言(ざんげん)から崇徳上皇の逆鱗にふれ、島流しとなって伊予に渡り、うおなしの田穂の里に住みついた肥後守親房。彼は、同三年に屋島の合戦に敗れてこの地に逃げのびてきた平公盛が同じ逆境であることに悲哀し、涙を流し手厚く慰めました。その際、親房の娘「布由姫」が一族の姫たちを集め、秋の満月のもとで、笛を鳴らし、鼓を打ち、ススキをかざして踊った舞が「ひめばやし」です。媛囃子では米、栗、麦を主原料とし、独自の特殊加工により焼酎独特の不愉快な成分を除去。原料の特徴を生かした風味とさわやかな甘さが自慢の逸品を揃えています。また、愛媛県は全国屈指の栗の生産地です。その中でも城川町は“しろかわ栗”として県内でも最高の生産量を誇り量質ともに有名な生産地。媛囃子では、こうした自然の恵みを存分に活かし、オンリーワンの精神で良質な焼酎を育んでいます。

媛囃子【HIMEBAYASHI】

おすすめ順  |  価格順  |  新着順
  • 前のページ
  • 8商品中 1-8商品
  • 次のページ